健やかな毎日の為に|体調に異変を感じたら甲状腺の病気を疑おう

病院

インターネットで購入可能

看護師

プライマリーセルは初代培養細胞で、各種の研究や実験に利用されています。プライマリーセルはインターネットでも入手できるようになりましたが、厳重な温度管理を必要とする製品なので注文や受け取りの際には十分な注意が必要です。

» 詳細を読む

把握すべきこと

花

大勢の方が新宿に集ります。もし、仕事帰りに、自宅近くの病院が既に診療が終わっているのであれば、新宿の内科などで診てもらってから、帰宅をしてみてもいいでしょう。そして、受診の際には、事前に当日診療をしているか確かめてみてから、受診をしてみるといいでしょう。

» 詳細を読む

腸内の異常を簡単に発見

男性

検便検査は、人との感染や大きな症状を早めに発見できる効果があります。自分で便を採取していくだけなので、気軽に取り組める点も大きなメリットです。正しい使い方を把握して、定期的に受けていくことで健康を維持していくことができます。

» 詳細を読む

甲状腺におこること

先生

甲状腺異常の症状

甲状腺の病気には甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症の二種類の甲状腺の病気があります。まず甲状腺機能亢進症は甲状腺の標準値よりも高くなってしまうことで身体の機能が高ぶってしまうことです。具体的に甲状腺機能亢進症の症状には、動悸が激しくなったり、やたら汗をかきやすくなったりします。そして、食べても食べても太ることは無く逆に体重が減ってしまったり、手が震えたりしまったりと、身体が活発に機能し過ぎてしまうのです。このような症状が甲状腺機能亢進症と言い甲状腺の病気の一つになります。そして逆に甲状腺機能低下症は甲状腺の標準値よりも低くなってしまうことで身体の機能が低下衰えてしまうことです。

症状と治療

具体的に甲状腺機能低下症の症状には、身体が重くだるくなったり、足がむくんだり、食事はそれほど摂っていないに太りやすくなったり、気持ちが落ち込んだりと身体の機能が低下してしまうことです。以上のように甲状腺の病気には二種類の病期がありますが、これらは血液検査をして初めて甲状腺の病気だということがわかります。このため初期症状から甲状腺の病気と気づきにくい病気であります。症状が長く続いた場合には甲状腺の病気を疑い、早く血液検査をすることをお勧めします。早くわかれば薬による治療で治るケースがほとんどありますので、早期発見早期治療が大切です。薬による治療が難しい場合は手術することもありますので、甲状腺の病気の症状に思い当たるフシがあるのであれば、早めに医療機関を受診しましょう。

Copyright© 2016 健やかな毎日の為に|体調に異変を感じたら甲状腺の病気を疑おう All Rights Reserved.